心理職は、その仕事内容がベールに包まれたところがあり、他職、そして患者さんにも理解を得られにくいといった現実があります。心理をもっと知って欲しいし、我々も、他職を理解し、積極的に連携を取って行きたいと願っておりますが、カウンセラーのほとんどが非常勤ゆえ、他職と思うようにコミュニケーションが取れない現状にあります。このような背景から、生殖心理カウンセリング研究所では、生殖医療に携わる専門家が集い、今後の生殖医療のあり方を語り合う機会を設け、多食との連携・協働の実現を目指します。

 

  この趣旨にご賛同頂ける方はこちらよりご連絡下さい。

 

  多くの方々と出会えることを楽しみにしています。